コレステロールは下げれば良いというものではない?誤った認識について

 

 

コレステロールというと血圧よりちょっと分かりにくいんですが、実はコレステロールのほうが簡単なんですね。だから1回ですぐ済んじゃう。血圧の方が難しいんですよ。物理的な圧力なんでね。ところがコレステロールは物質なんですよ。だから1杯ご飯食べるとかそういった話ですから理解はしやすいんですね。

 

ところがコレステロールはお医者さんが間違ったんですよ、今から50年ぐらい前。間違ってもいいんですけど、研究が不十分なのにコレステロールは低いほうがいいと。なんかコレステロールというと悪いものという誤解が日本社会に蔓延したんですね。
これはどうしてこんなことが起こったかというとヨーロッパの研究をそのまま日本に持ってきたんですね。ヨーロッパはコレステロールが高いといいますと大体300ぐらいなんですよ。これは100cc中あたりのmgで言うのが伝統的なんですけど、300ぐらいなんです。ところがもともと日本人って100とか150ぐらいをうろうろしていた訳ですから、300なんていう人の症例など当てはまらないんですけど、それを間違って日本人は150ぐらいだったのにヨーロッパの300の人を持ち出してコレステロールになるとこうなるとこうなるとやったんですよ。
もちろんコレステロールが250を超えると心疾患の死亡率が少し高くなってきます。だけど200まではほとんど変わらない訳です。
その当時の日本人というのはグラフによるとコレステロールは少なくて120ぐらいから200ぐらいの日本人しかいない訳ですよ。そこでは全然心疾患の死亡率は変化ないんですよ。だからどういう間違いをしたかというと日本人は何も問題が無いのにヨーロッパ人を持ってきて、そして議論したという訳です。
これをNHKが取り上げて大キャンペーンを張ってコレステロールが悪いと言って、皆がコレステロールの低い食事、コレステロールを下げよう下げようってもう大変だったんですよ。これは1970年代本当に皆がフィーバーしたんですよ。
ところがそのうちコレステロールは大切なものだ身体に必要なものだと分かって、引っ込みがつかなくなりまして。善玉コレステロールや悪玉コレステロールという奇妙な言葉、これもNHKがつくったんですけどね。
これで言い訳をしたんですよね。それがまだ今でも続いているんです。コレステロールに善玉とか悪玉がある訳ないじゃないですか。だって身体が必要で身体が作ってるんですから。
もともとコレステロールは我々の身体に無くてはならないものです。ただ食事でも摂れるというだけですね。大体約70から80%は身体で合成しているんです。自分で合成しているんですよ。
ですからコレステロールの少ない食事なんて全く意味が無いんですよ。つまりコレステロールの少ない食事をすると身体が一生懸命コレステロールを合成する訳です。コレステロールが多い食事をするとそこから少し借用して合成量を減らすというだけですから、人間が自分で合成しなければならないものをわざわざ少ない食事をするなんていう馬鹿らしいことをしたのでそれを言い訳するためにNHKが善玉コレステロール、悪玉コレステロールと。
お医者さんなどに言わせるとあれで困るという人がいるんですよ。世の中の人が悪玉コレステロールはあると思っている、だけど両方とも一緒なんですと。ただ、悪玉コレステロールと言っているのが血管に溜まりやすい、だけど必要なんですよ。悪玉じゃないんですよ。溜まりやすいという性質を持っているというだけです。
悪玉コレステロールと言われるコレステロールは非常に大切なものなんです。NHKも罪深いですよ、こんなことやるんですからね。二重に間違ったんですね。
もちろんちゃんとしたお医者さんの中には我々と早い時代からコレステロールは低いほうが良いということに反論されている人はいました。
例えばうつ病が増えますね。ガンの発生も増えます。それからコレステロールというのは血管に巾着もしますが、血管を若く保つのにも大切だという。
人の身体は複雑ですから(良心的な)お医者さんはそういうことを分かってた訳ですよね。コレステロールが200以下になると急激にガンが増えるのも確かなんですよね。コレステロールが250を超えると虚血性の心疾患が増えるというグラフを出しています。ただこれ以外のグラフもありますから例えばこうだ、というぐらいで見た方が良いです。
今度血圧の基準が130から150に変わりましたように、コレステロールの上限が200から250になりました。つまり200を切るとやや危険だとは言いにくいんですけど高くても低くてもいけないんですよ。コレステロールは人間の身体に大切ですから、これは食塩と同じですよ。お塩がいらないなんて言ってる人もいますけど、非常に大切ですから。
このように人間の身体が必要とするものは過ぎたるは及ばざるが如しであり、不足してもいけないんです。

今までは200以下が良いと言っていたものが、男性の健康な人の場合は200から250ということに。女性は難しい所で、生理との関係で大きく変わってきます。45歳までと45歳から55歳まで、55歳以上というのは相当違うんです。大体55歳以上の人は280という基準がありますが、男性より少し高いぐらいが良いと言われています。
うつ傾向になったりガンになるほうがやや怖い訳です。男性の場合でも40から60歳ぐらいの中年が一番高いと言われていて、これは血圧とは全く違う状況なのです。
つまりコレステロールが高いというのはそのもの自身では全く問題が無く、もし病気だとしたら体内で80%ぐらい合成しているわけですから、体内で合成する能力が悪くなる(作りすぎたり、作り足りなくなったり調整が出来なくなる)というのが問題で、それが病気です。コレステロールが高いというのは病気ではありません。食料からの補給は20%に過ぎません。
例えばもし食事を変えて食事からのコレステロールの量が2倍になっても体内合成量を80%から60%に下げれば良いだけです。
コレステロールに関する問題は研究途上で、随分長く研究していますがまだ分からないところが随分あります。そういう点では(随分個人差はありますが)平均的な数値がいいと大体今の所はそんな感じなのです。
そうするとコレステロールが高いとか低いということが病気だということではなく、コレステロールの調整がうまくいかない状態が病気ということになります。
しかしコレステロールの調整が上手く出来ないということは現代の医学では分かりません。そこでコレステロール値を見て、ある一定以上であれば高脂血症という病名がついて薬が出たりするのですが、高脂血症という病気はありません、と言っても良いかと思います。
高脂血症かを判断するには適切な血中の脂肪酸の量を超しているということですが、正しい量が分からない訳ですから…ざっと言えば250ぐらいまで、200を切るのもちょっとね、という感じです。
では平均からずれたらどうか?もともとその人は高脂血症タイプで、若い元気なうちから300だったとします。それは本当にいいのか?ということになります。それはこれからの研究を待たなければなりません。
とりあえず厚労省もちゃんと国民に言ったほうが良いんですよ、コレステロールは高いか低いかどのぐらいがいいかはまだよく分かっていません。コレステロールが低いとガンやうつ病になったりするし、コレステロールが高いと血管にカスが溜まりやすくなりますと。だから適切が良いんです。
適切な量には個人差がありますが、平均をとると大体200から250ぐらいが良いと思います、ぐらい言えば国民は皆理解します。
そのほうがずっと一人一人が健康を守る事が出来ます。またコレステロールを下げる食事だなんだと言っていますが、80%ぐらいは体内で合成できます。しかし、このくらい超えるとダメです、というのがあれば教えてもらえれば非常に良く分かります。
コレステロールは血圧に比べて簡単ですし、日本人の場合上限が250になりましたが、250を超える人はそうそういませんからほとんどの人が気にしなくても良いと思います。
これについては厚労省(とNHK)がこれまでのいきさつによらず、本当に国民の立場になって、今までのコレステロールの認識のどこが間違っていたか、コレステロールが少ないとどうなるのか、食事はどうしたらいいのか、ということを話してもらいたいです。
そうしないとある製肉業の宣伝にコレステロールは食事からではありません、というのが載っていますが、このことを言われても国民はわかりません。製肉業の人が悪いのではなくて、厚労省が悪いのです。ですから正しい情報をきちんと流すことが大切です。
脂を食べると中性脂肪が増える、そんなことはありませんからね。卵を食べてコレステロールが増えるなんてことはありません。