コレステロールの低下剤は飲まないほうが良い!生活習慣を見直そう

コレステロールの低下剤について。

 

 

 

 

少し前にコレステロール低下剤は必要ですかという質問についてお答えした事がありますが、
僕自身は全く必要ないという見解でした。
そして、薬を飲むということは同時に副作用が起こってくるのでその危険性もあるということをお伝えしたのですが、その中で一つ思い出しのがふくだみのるさんという方が「私は薬に殺される」という本を書かれているんですね、2003年ごろだと思うんですけど。
そのときにそのふくださんという方はお医者さんの言う通りに薬をきっちり飲んで、
で、それは高脂血症の薬とコレステロール低下剤だったと思うんですけど
それを飲む事によって、ある日突然筋肉が動かなくなって、身体が思うように動かなくなって、
最終的には自分でトイレに行く事も出来なくなったと。
筋肉は弛緩するみたいなんですね。そして筋肉が自分で動かせなくなってしまう、そこまでいってしまったと。これは薬による副作用だということで福田さんという方は長い年月をかけて製薬会社とか国とかそういうところを相手どって戦っているわけなんですね。
それで2003年に「私は薬に殺される」という本を出して、そして今2013年になるんですけど裁判をまだ続けている状況ですよね。
だから本当に膨大な時間をそれに費やしているということで、薬によって人生が大きく変わってしまった一例ですよね。
それは非常に特殊な例かもしれないのですが、現実にもそういうことが起こっているということですので、やはり薬を飲むときというのはリスクもきちんと見て必要があると思います。

 

そもそもコレステロールというものはある程度高くても元気だと、むしろ高い人のほうが元気であるとおっしゃる人もいて、むやみに下げるものでもないなと感じるんですね。
コレステロールというのは善玉悪玉があって、悪玉というのは特に良くないのでそれを下げましょうということなんですけど、そっちだけ薬で下げるかというと実はそうではなくて、コレステロールというのはもともと善玉も悪玉も無くて、僕達がコレステロールの状態によってつけているだけなんです。
だからコレステロールをお薬で下げるということは総コレステロールを下げることになります。
悪玉だけ狙い撃ちして下げるのではないんですね。
そういうことを考えたらコレステロールはむやみに低下させるものではないということです。
しかも薬というものは不自然ですから、それで下げる物ではない。
むしろ食事などで血液の質とかそういったものを変えていくことで、結果的には悪玉コレステロールもバランスよく下がっていくということになります。

 

コレステロールは細胞膜にとって必要な物であったり、ステロイドホルモンという副腎で作るホルモンの原料であったり非常に重要な働きをしているわけです。
ですからもう一度自分自身の生活習慣というものを見直していく、そして食習慣を変えていくということを主眼にして薬とかに頼らなくても十分に改善していけるということがありますので、もし薬を飲まなければならない状況になったときにこの話を思い出していただければと思います。

 

 

高コレステロールを改善するには?食事療法・運動療法などを取り入れる

 

 

(基準値は220mg/dL しかし…)
持っている病気、もしくは危険因子といって高血圧や糖尿病、心臓病を持っているという方は220では基準値が満たされているという訳ではありません。
心臓病の人はコレステロールが180以下というのが今の基準ですから、人によって異なるということは認識しておいて頂きたいと思います。

 

(コレステロール値 検査方法は?)
血を採ってその中のコレステロール・中性脂肪を調べるという以外には方法がありませんので定期的に血液検査を、例えば健康診断を最低1年に1回行うなどした方がいいと思います。

 

(高コレステロール 治療法は)
食事療法、運動療法まずこれをやることです。
高コレステロールの物(食事)を避ける、和食の食にシフトするということだと思いますね。
例えば牛乳だったら低脂肪の物に変えてみたり、バターをやめてマーガリンにするだとか植物性の油を使うようにして動物性の脂を減らす、というようなことが大事でしょう。
出来たら毎日運動するのがいいのですが、最低週3日から4日をする。
ウォーキングたとしたら30から40分ぐらいはやっていただきたいです。10分20分では効果が無い。
そして、体重を減らす。肥満の人は特に多いですから、
食生活をきちっとして、運動をして、夜食みたいなものは食べないとか甘い物も控えるなどすることが基本です。
これで下がらない場合はお薬で下げる、ということになります。
生活習慣病の隠された土台みたいなものですから注意しなくてはなりませんね。